2018年03月24日

第1回熱戦将棋バトル|千葉県柏市柏の葉

本日は千葉県柏市で初の熱戦将棋バトルを開催しました。
つくば会場が定員間近となるくらいに参加者が増えてきましたので、
二つ目の会場として柏市を選択しました。初回から9名の参加で
賑やかなスタートとなりました。

熱戦将棋バトル開催の目的は、参加者が皆楽しんでくれることです。
今日は楽しかったなあ、また将棋をやりたいなあという気持ちを
持ち帰ってもらうことです。1対1の対戦ですから、必然的に会話も
増えて、友達もできやすくなります。友達ができれば、競技そのものの
楽しさに加えて、友達と集う楽しさも感じてもらえるようになります。
個人戦だけでなく団体戦も取り入れているのはそういう理由からです。
今回も参加者同士の会話も弾み、楽しく将棋を指してくれたように
感じます。この楽しさが毎回実現できれば、参加者は着実に増えて
くれると思います。

今回のトーナメントは、中学生1名、ジュニア8名で行いました。
中学生は参加者1名でしたので、不戦勝で優勝が決まりました。
中高生トーナメントを設けているのはとても大切な意味があります。
現在は中学生や高校生から将棋を始めるお子さんがとても少ないと
いうことです。この年代で始めるとある問題にぶつかります。
それはジュニアの大会に参加すると対戦相手は経験豊かな小学生で、
キャリアの差から勝つことは大変難しいのが実情です。
時間をかけて勉強をすれば、いずれは中高生が逆転するのですが
それまで続けてくれる前に、殆どの方が将棋から離れていってしまいます。
これは子供たちの責任ではなく、大人の責任だと思います。
中高校生が小学生にボロボロに負けてしまうのは、彼らの自尊心を
大きく傷つけてしまいます。年齢ではなく、経験に応じたマッチメイクで
少しずつ技術を磨き、楽しさが失われないように配慮する必要があります。
今回優勝した中学生には次回も優勝を目指して頑張ってもらいたいです。
そして着実に実力をつけて小学生に追いついたら、その時点で堂々と
ジュニア部門に参戦して頂きたいと思います。

今回小学生のみのジュニア部門は8名のトーナメントを実施しました。
3連勝で優勝という過酷な戦いを勝ち抜いたお子さんが見事に初代王者に
輝きました。

団体戦はABチームに分けて自由対局の勝利数を競いました。勝ちチームの
代表者には記念の盾が送られました。個人戦で惜しくも準優勝のお子さんが
見事にジャンケンで盾を勝ち取りました。

次回の開催は4月7日(土)に決まりました。沢山の方に参加して頂きたいです。

EEA51C18-E672-4F63-9196-47AA172579A2.jpeg


熱戦将棋バトルHP
posted by 土浦将棋塾 at 21:37| Comment(0) | 熱戦将棋バトル(つくば、柏の葉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。