2018年02月02日

将棋教室に必要な設備や教材

011D6999-F728-4D61-A4B4-5F943C6B7286.jpeg


将棋の指導を始めてから今年で4年目となりますが、
設備や教材の充実は指導には欠かせません。これまで
試行錯誤を続けてきて、今の形に至っております。

・教室の開始当時は子供たちに自由帳を持参して
きてもらって指導をしていましたが、ノートにマス目を
書くだけで時間がかかってしまって非効率でした。

→2017年に待望のオリジナルノートを作成して
子供たちに使ってもらうことができるようになりました。

・駒の漢字は難解で、子供たちが板書するには大変な時間を
要していました。

→棋譜の速記法を活用することで子供たちにも簡単に板書が
できるようになりました。

・指導者が局面の指導を行ったり、棋譜を書くために、その都度
マス目や棋譜の記入欄を書く必要でした。

→大盤や棋譜専用のホワイトボード、速記法の一覧表を用意しました。

設備といっても大掛かりなものはありませんが、生徒も指導者も時間の
ロスを減らすことで、少しずつですが内容の濃い指導ができるように
なってきました。今月も新しい生徒さんを沢山お迎えしたいと思います。

土浦の将棋教室はこちら
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。